案内へ戻る

上田和男 略歴

1944年北海道厚岸郡茶内に生まれる。1966年株式会社東京會舘に入社し、バーテンダーの第一歩を踏み出す。1974年株式会社資生堂パーラーがレストラン「ロオジエ」開業に伴い、チーフバーテンダーとして入社。以後、数々のカクテルコンクールに出場し、優秀な成績を収め、国内大会のみならず、世界大会に二度出場し、その名を世界に広く知らしめる。1995年株式会社資生堂パーラー取締役チーフバーテンダーに就任し、バー・ロオジエをオーセンティックバーの名店として、その名をゆるぎないものにした。1997年退社とともに、東京銀座に「TENDER」を開業。すでに銀座の名店として知られている。現在、若きバーテンダーの育成に日本各地でカクテルセミナーの講師として活躍。またC.C.S.(Cocktail Communication Sciety)を主宰し、バーテンダーとお客様とのコミュニケーションにより飲料文化の深耕、バーテンダーの地位向上のための活動を続けている。2003年には、P.B.O.(Professional Bartender's Organization)を主宰し、エグゼクティブ・スペシャリストとして活動している。2010年には、自著「カクテルテクニック」が世界のバーテンダーのための技術書としてアメリカで英訳出版され、ハードシェークの創案者として世界中に広まっている。著書に「カクテル」(西東社刊)「カクテルハンドブック」(池田書店刊・監修)「カクテルテクニック」(柴田書店刊)「カクテルノート」(復刻版ナランハ)「カクテル手帳」(東京書籍刊・監修)などが多数ある。